2014年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.01.21 (Tue)

アルバム「テゴマスの青春」発表

本日はテゴマスの4枚目のアルバム「テゴマスの青春」のフラゲ日でございます!


ファンの皆様、ゲットできましたか?



私、たった今、このアルバムに関する記事を長文で書いたところ保存する前に消えまして………


もう同じこと書けないー


気力がないー



ということで、思い出せるところまで頑張ります





もうね~、このテゴマスというふたりは


見守る人達を、私達を、


何年経っても飽きさせることなく


楽しみと喜びとしあわせとで


満たしてくれる素晴らしいアイドルです!



アイドルだけどその世界観と歌声はアーティストです!



もはや、アーティスドルです! ←何それ




全っ部いい!!


たいていどんな歌手のものでもアルバムって、2曲前後はイマイチなものが入っていたりします



もちろん聴く側の趣味に左右されるものなのでわりと普通のことだとは思いますが。




でも、今回のアルバムは「青春」という一つのテーマに集約したためかとにかく全部いいのです!



テイストもリズムもいろいろな種類のものが集められてるのに、どの曲にも同じ感触が漂っていて


どの曲もすでにテゴマスのものになっている




人によっては、この曲イマイチ…と残念ながら思われる曲もあるかもしれない


でも、そんな曲でも部分的にテゴマスのハーモニーに惹かれて、そこの部分だけはすごく好き、とかそういう風に感じるものもあると思います


そうやって聴いていくと、この曲は頭から終わりまで全部嫌い、みたいな曲は無いんじゃないかな





そしてそして、今回も、いえ、今回は今まで以上にとにかく曲が難しい!


こんな小難しい歌を生歌でも完璧に歌いこなすテゴマスを想像するともうホント誇らしいわ(涙)






まだ好きな曲の順位はつけられないけど、私にとって特別な曲がひとつあります



ゴスペラーズファン(ゴスマニア)歴13年余りの私にはやっぱり「DONUTS」



これがもうとにかく嬉しい


ゴスペラーズリーダー村上てつや作曲、


ゴスペラーズメンバー安岡優作詩



普通、作詞家を表記するときは「作詞」と書きますが


安岡さんが作詞するときは必ず「作詩」と書かれます



今回、「DONUTS」でもちゃんと「作詩」と書かれててちょっと嬉しかった




ゴスとテゴマスがミュージックフェアやFNSでコラボしたときも夢が叶った瞬間でしたが


こうして、テゴマスがゴスに曲を書いてもらえたというのが何より嬉しいです




しかも、すごくかわいくて素敵な曲!



メロディーもハモリもフェイクの音並びも


ザ・ゴスペラーズ


な曲でゴスの世界とテゴマスの声の融合でホント感涙ものでした。





仮歌はやっぱりゴスが歌ったのかな~♪



てごちゃんのファルセットなんて、てっちゃん(村上さん)が歌ってるところを思わず想像してしまった


あのてごちゃんのファルセットのツヤというか芯のある美しさみたいなものは


てっちゃんの声の質にどこか通じるものがあるようにも思えました





今回、このアルバムを聴いてしみじみ感じたのは


ふたりの声の美しさです




昔よりもどんどん良い声になってきてる




いい音がする良質の弦楽器のような




テゴマスの声も、楽器のいい音が膨らむのと同じように共鳴しあってるのかな



歌詞がいいとか曲がいいとかを超えて


ただとにかくふたりのハモリが心地よくて癒される、


それだけでも感動できる


そんなアルバムだと思います





それと、テゴマスの共作「月の友達」


やっぱりさ、てごちゃんは作曲のセンスがあって


まっすーは作詞のセンスがあるよね



共作もまたかなりパワーアップした素晴らしい曲でした






テゴマスにちょっとだけ興味がある人で、ちょっとだけ興味があるからこの記事を読んでる、という方がもしいたら


ちょっとだけ勇気を出して一度でいいのでテゴマスの青春を聴いてみてくださいね!!!





通常盤聴く方が忙しくてまだ初回のDVD見てないので見て来ます~





スポンサーサイト

テーマ : テゴマス ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  18:46  |  テゴマス  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2014.01.19 (Sun)

ドラマ三億円事件

さてさて、Mステのキラキラアイドル


てごちゃんとは打って変わり。



なかなかせつなく哀しい可哀想なコを演じた手越さんでしたね




三億円事件は犯人不明の未解決事件で


捜査状況や目撃情報を検証していった結果をこれまでもいろいろな見方で


たくさんのフィクションとして描かれてきていますよね



今回は、捜査線上に上がった


「警察関係者を家族に持つ自殺した少年」に


姉という存在を作って描いていました



私が見たことがあるものでは警察官の父との確執を持つ少年という描かれ方のものが記憶には強いかな




今回は少し年の離れた姉に思慕を持つ、いわゆるシスコンなコ



好きだったお父さんに見捨てられ、


まだまだ母親の愛がほしい小学生時代にその母親の関心は男の元へ。


自分を愛してくれない母を嫌い優しい姉の元へすがる11歳の健次



優しい姉に理想の母を重ねて、きっと健次は姉をお母さんのように想っていたんでしょうね



たぶん健次はあのかわいい笑顔でいつも姉のまわりにくっ付いていた素直でいい子だったんだろうね



だから、お姉ちゃんも健次がかわいくて仕方なかったはず




だけど、そんな姉もやっぱり健次の母ではなくひとりの女だった


彼女が自分のしあわせを求めたのは当たり前のことなんだけど、健次には許せなかったのかもしれない



だってまたお母さん(お姉ちゃん)を他の男に取られちゃったんだもんね


頭ではわかってても大好きだからこそ許せなかったのかもね


自分に姉の関心を集めるために姉を困らせることばかりする


姉を取った義兄への嫉妬から義兄を憎む



悪い仲間ではあるけれど心を許せば素直な気持ちを吐き出し


時には涙を見せることもできる愛に餓えた子供のような人



基本的には優しい性格だったからこそ


男女分け隔てなく、オカマの鮫ちゃんにも優しく接したから


鮫ちゃんも


ホテルで一緒だったなどと嘘をついてまでも健次を守ってあげようとした




姉を困らせるために悪事を働いても


義兄のおじに手を回されて警察には見逃される


そのいたちごっこのせいで悪行もどんどんエスカレートして


結果、三億円強奪に手を染めることになってしまった





健次が死ぬ前に佐武刑事(だっけ?)が訪ねてきて


あの刑事と姉のやり取りを部屋の中で聞いているときの


顔が「疾走」のシュウジに見えました



あの暗くて重たいものの中に埋まってもう抜け出せないみたいな陰のある目の表情がシュウジとダブって見えました




あの最後の戸田家での出来事を描いている空気感が「疾走」のように怖くて可哀想な重たいもので


せつないシーンではあるけど、手越くんの魅力のひとつでもある目の演技を


存分に見せてくれたので


あの一連のシーンはかなり見所でした



そして、それとは対照的に素直でかわいい健次を表現していたのが


北乃きいちゃん演じるユカとのシーン


ユカに自分の気持ちを伝えた時の健次の眼差しと表情は


初めて人を好きになった喜びに満ちた穏やかなものでした


大好きな姉への気持ちとは違う、恋愛の情。



あのユカへの気持ちをもっと深く大きく育てられたら


そして三億円強奪をおもしろ半分でやってみるなんて魔が刺さなかったら


お姉ちゃんが旦那さんとしあわせになろうとした気持ちを


健次も理解できたかもしれなかったのにね



な~んてところまで妄想しちゃうほどドラマに見入ってしまいました




今までの作品いろいろ見てきて思うんだけど、てごちゃんてセリフじゃない声出し(?)が特にうまいよね


疾走では、殴られたり嘔吐したり、みたいな声というか息?とか


しゃばけシリーズでは、うなされたり夢で叫んだり


ハッピーフィートでは、滑り落ちてるときの声とかいろいろ


そういうのの出し方がうまいな~と思う


今回は、青酸カリを飲んで苦しんでるときの。





杉本と強奪の準備をしてるときに発煙筒をたいてしまって


はしゃいでいるところは


なぜかマイボスのときの


桜なんとかとマッキーとの絡みにも見えました





レインコートに身を包んで雨の中佇んでいる風貌が


私的には一番陰があってかっこよく見えたな





これまで演技の仕事はあんまり多い方じゃないけど


その経験数の割に、毎回予想以上に成長した姿を見せてくれるのは


本当に嬉しいね


まぁ、てご担だから冷静な目で判断は出来ないわけなんですけどもね




ナレーションが中谷美紀さんだったのも


なんだか不思議なご縁を感じるね



中谷さん、ナレーション入れてるときは映像出来てたのかな?


もしそうなら、てごちゃん見てどう思ったかな




全国放送じゃなかったようなのでDVD発売して


レンタルでもいいので


たくさんの人に見てほしいな




歌のお仕事ももちろんなんだけど


演技のお仕事、たくさん見たいな


と、つくづく思う時間でした




手越祐也くん、お疲れ様でした!























テーマ : 手越祐也 ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  18:50  |  手越祐也くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2014.01.19 (Sun)

テゴマス in Mステとか

ふは~~………


なんかお腹いっぱい


ドラマ三億円事件に出てた、役者の手越祐也と


ミュージックステーションに出てた、アイドル歌手の手越祐也


両極端な、まるで違う別の人を見せられて


お腹いっぱいになった



つまり、いろいろ満足しました←




順番からいくと、Mステだね


久しぶりのライブ形式なステージで歌うテゴマスちゃん


アルバム曲の試聴は我慢している私なので


まだリード曲の「ヒカリ」しか聴いてませんでした


だから、「蒼色ジュブナイル」は初でした



いやもう、ザ・テゴマスな曲だったし


何より二人の声がとにかく良い!


高すぎず低すぎずなキーで


ソロではそれぞれの声の魅力が溢れてて


ハモリではテゴマスのハモリの最強最高な魅力を


再認識させてくれて


なんかまたバージョンアップしちゃった?


テゴマスの歌♪



いつものごとく、初見ではドキドキしすぎて


画面を見れず、歌だけ聴いたんだけど


出だしのとこだけ、てごりんが緊張してるように


聞こえたのは気のせいかな



2人の音程の安定感はさることながら


ツアーに向けてのリハをすでに重ねているだろうから


ハモリや伸ばす長さとかいつもピッタリだけど


いつも以上に完璧だったね



この曲で、テゴマスのうまさが際立つのって


やっぱりサビの部分かなと思う



あの頃 ~ いつでも  のラインから


ジュブナイルの ~ 抱いて へまず一段階


それでも叫んで へ二段階


音程のラインが上がっていって


走った導かれるまま で落ち着くわけだけど


その時の上ハモしてるてごりんの声が


声量変わらずに当然地声のままスコーンと通る声で


歌い抜くところ


そして、まっすーがそのてごりんの声に負けることなくベースとなる下ハモを安心する音で支えてる


これこそがテゴマスそのものでテゴマスの魅力なんだと思う



テゴマスの魅力を最大限に引き出した素晴らしい曲です



DEPAPEPEの徳岡さん、本当にありがとうございます♪




それとこの曲って、私の中では


「音色」の延長線上にある曲に聞こえました



メロディーもリズムも似てるわけではないけど


ふたりの歌声をテーマにした歌詞であるように思えるし


「音色」に今回のアルバムテーマである青春を重ね合わせて


キラキラした音の洪水みたいな「音色」から


年を重ねて少し大人になって


あえて楽器の音も少なくして


ギターの柔らかくて癒されるような爽やかさと


ふたりの歌声を前面に押し出した


「音色」の延長線上にあって、そんなさらに素敵な曲になった


そう思える曲でした



てごりんソロパートの


声にならない想いは


の時、瞳が何かを追ったのか迷ったのか


ちょろっと横に動いたね


それがまたかわいかったわ



短髪にぷらぷらピアスは個人的には好みじゃないけど


顔やら表情やらが完璧だったから


すぐ気にならなくなった(笑)



まっすーのファッションがいい感じに普通っぽくて


超かわいかったわー



仕草も笑顔もかわいいし


増田さんさすがでした



まっすーソロパートの


儚くて煌めいた


のところの声が好き


その最後の


時を戻すよ


の、戻すよ あたりでてごりんをチラッと見た瞬間の目というか目の色(表情)って言うの?がまた好きっす






あ~、早くライブで私も聴きたいな~


チケット当たりますようにー






三億円事件は次の記事で書きます





テーマ : テゴマス ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  18:15  |  テゴマス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2014.01.09 (Thu)

イッテQとかヒルナンデスとかRINGとかコメ返も

イッテQ新春スペシャル


雪合戦!


いや~♪


もうさー、かっこよかったね~♪


大輔さんとの絡みが素晴らしかった!


普段、対戦する側だと小癪でうざキャラなてごにゃんも


いざ味方となると何気に頼もしいでしょ?大輔さん。


ちっちゃい巨人(昔オロナミンCのキャッチコピーこんな感じじゃなかったっけ)て感じでさ。




雪玉の手渡しでアウト取られたところや


準決勝(だっけ)で味方がどんどんやられて


むかっ腹を立て始めたてごりんを


なんとか落ち着かせてコントロールしようと


気を遣う大輔さんがさすがでした



きっと、てごりんのテンションひとつで試合や場の空気(本番も裏も含めて)が大きく変わるのを


これまでの経験と交際期間で実感してるんだろうな~



大人になってちょっと丸くなったとはいえ


そこはあの手越祐也ですから


思いっきり心の動きが外に出まくるでしょうから




テンションMAXでいる時の明るさや普段の明るさがキラキラしてる人が


テンション下がったり怒り出した時は


同じベクトルで空気も変わるから


周りはやっぱりなんとか引き上げようってやっきになるよね



私の知人でもてごりん女の子版な毎日毎分動き続けてるみたいな人がいるけど


その人がテンション下がるとMAXを知ってるだけになんとか元に戻させようとこっちも思っちゃうもんね



いわば太陽そのものです


太陽の恩恵を知ってるから陰った時はオロオロしますわ私。




話、戻しましてー。


なんか久々にすっぴんのてごりんを見た気がする


すっぴんの顔が一番好きです


すっぴん見てたらあれ思い出した


どのライブDVDだっけ?


6人の頃でツアー中のオフシーンで


円卓のテーブルで豚しゃぶ食べてるシーンの。



豚しゃぶ指差して「まっすー」って言いながら食べてる時の。


あの食事の席の時とかぶりました、今回のすっぴん。




あとさ、アウトになって


訳わかんねぇ


ってプイッてしちゃうところ


あれ見て、昔まっすーとガチで喧嘩したというエピソード


その時もこんな感じだったのかと思うと異常に萌えた←





そして、まっすーといえばヒルナンデス


デザイン性のあるものに興味とセンスがありそうなまっすーらしいおデートだったね


27歳には見えないかわいいおしゃれ感がございました



普段、テンションMAXな相方といいバランスでいるせいか


こちらまっすーはいつも通りリアルな平常テンションで


それがまたリアルデートを妄想させて


ファンにはたまらない映像だったのではないでしょうか



ZIPのMV解禁とヒルナンデスでのMV映像とで


テゴマスのヒカリもチラ見できましたし


アルバムへの期待も高まりますなー



今日、チバテレビでショートバージョンかなんか流れるんだよね?


うちはチバテレビ入らないからまだ見れないけど。




あと、昨日のNEWSRING


シゲちゃんの回



あー、ほんとにシゲちゃんの回は知りたいことが


わかりやすく表現されていつもいつもすごく満足させられる




失恋ショコラティエの現場


みんな優しいみたいで良かった!


ガラスのハートなシゲちゃんだからね


できるだけ良い環境に常に置いてあげたいわ




歌うのや明るく透明感のある空気を必要とするインタビュアーだったりMCだったりには

持って来いの美声のてごりんだけど


リアル男子を演じるのには若干声が高すぎる。


その点、シゲの声はドラマなどではリアルな妄想をし易い男らしい声


そんなようなことを前にも言ったことがあったと思うんだけど


今回、スタッフさんに褒められたエピソードは正にそういうことだと思うよね



褒められればどんどん殻を破って伸びていくタイプのシゲちゃんだから


このドラマが終わる頃にはもっとカッコ良くなっていることでしょう



そして、特撮ヒーロー出身と思われたエピソード(笑)


それほどジャニーズの名前が顔から見えてこないってことなのか?



シゲちゃん正統派のイケメンだからね


ヒーローをできるくらい正義の味方顔なんだよ!


今からでも特撮ヒーローやってもいいんだよ?


なんならアクションは吹き替えで←




アクション得意な顔が悪役顔の若手俳優とセットにして


アクションが苦手な顔ヒーローと


アクション得意な悪役顔の


二人でひとつ、っていうおもしろ設定で物語作ってもいいんじゃない?



戦うときはバトンタッチして、子供や女子と接する時だけ出てくるヒーロー


どうでしょう



あとあと、慶ちゃんのエブリー


慶ちゃんメインで毎日なんか楽しいね


慶ちゃんのスタイルに惚れ惚れしてます


NEWSの糧になること間違いない!





拍手付コメントへのお返事です↓

ず○ちゃんへ
ず○ちゃん、あけましておめでとうございます!
受験生なんですね、ず○ちゃん。
勉強や毎日のいろいろなことで忙しい中、いつも遊びに来てくれてコメントまでくれて本当にありがとうございました♡
まっすーも前に言ってたけれど、NEWSもテゴマスもずっと同じ場所で待っててくれるから心配しないで思い切り受験に立ち向かってください!
ず○ちゃんが吉報と共にまた来てくれるのを私も待ってます♪
風邪引かないで、勉強頑張ってくださいね!
o(^▽^)o







テーマ : NEWS ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  12:56  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2014.01.05 (Sun)

2014年スタート

あけましておめでとうございます


旧年中もゆるゆる更新にもかかわらず


遊びにお越しくださり


本当にありがとうございました


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます




と、いうことで


今年も新年が明けて


あっという間に5日が経ってしまったー


明日からまた通常モードに切り替えなければー


とりあえず朝早起きする事だけ


頑張らねばー!←



カウコンも無事かわいいNEWSくん達を


テレビの前で鑑賞できましたし


もうすっかり2014年のNEWSに期待しまくってる今日この頃です




今日は早速、シゲちゃんの第三弾となる小説発売が発表されました


「Burn.」 バーン


つづり合ってる?



忙しいアイドル業をこなしつつ、着実に作品も書き綴っているシゲ先生


人は誰でも1つは小説のようなものが書けると言われてます


でも、こうして3作目を発表できるまで


シゲの中には創作する意欲と力が湧き出ているというのは


本当にすごいことだと思う


シゲちゃん、尊敬するよ


しかも、100点満点


と自信を持って発言するなんて


シゲにはとっても珍しいことだと思う


それだけ自信があるってことだと思うので


またまた期待して待ってるからね!



閃光スクランブル、実は予約して発売日に買ったのにまだ読んでないの


ごめんねシゲちゃん!


引っ越しの荷造りに梱包してしまったから来月以降落ち着いたら読みます!




今夜はイッテQ


明日は慶ちゃんエブリー


楽しいことたくさんの新年スタートです!


今年も一緒に


NEWSとテゴマス、応援していくよ~♪








テーマ : NEWS ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  18:40  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。