2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.03.27 (Sat)

誰かが私にキスをした 公開初日

3/27 24時台に拍手付コメを残してくださった方へ記事の最後にお返事書きました
よかったら読んでくださいね





誰かが私にキスをした

いよいよ

とうとう

やっとこさ

本日公開となりました~  やったねーぱふぱふぱふ~



当初は、2009年の秋だか冬だか公開と言われていたのに

気が付けば2010年春公開に変わり

随分先だなー なんて思っていたものの後半は

棚ボタのように 間に 走魂 と ヤマナデ をはさんでいただいたので

誰キスまで いや、早かったですわー


お仕事オファーしてくださった方々、ジャニーズ事務所のスタッフ、

そして、日々続く未知なるお仕事をがんばってこなしたてごりん

改めまして どうもありがとう!

おかげさまで今日もしあわせだったよ♪



誰キス  早速本日いってまいりました

ネタバレ含みますので、まだご覧になってない方はご注意ください


見た感想

一言で言うなら


できる限りたくさんの人に見てほしい!! 
感想じゃないじゃん


だって、てごりんの演技 めちゃめちゃ上手だったんだよ

ヤマナデの雪ちゃんの演技にケチをつける人がいたなら

こっちも見てから言っとくれっ  と言いたい


自然な演技もできるんだからね

できる上で、コメディでは演出家の要望通り突き抜けた演技をしてるんです


自然な、と言っても

表情や表現が小さすぎて心情があいまいにしか伝わらないタイプを

自然な演技ができる名優

と称される俳優さんも中にはいると思うんだけど
特に誰という対象が頭にあるわけじゃないんだけどね

私はそれってどうなんだろう って思ってまして



でも、てごりんの自然な演技は そのキャラクターが

今どんな気持ちでいるのか を、きちんと表現しながらも自然であったと

いえると思います


だから、こういう演技をするてごりんも世の中のたくさんの人に知ってもらいたい!

と思ったのが、一番の感想なわけです



先日の試写会での感想は

まずはそのストーリー性について ええ?! な気分が最初に来たのでした

しかも、会場の音響が悪かったのでセリフも聞き取りにくいところが多くて

いまいち、理解しづらいところが多かったものです


原作を読んでいなかったので、初めて知るナオミの自己中っぷりに

とにかく衝撃を受け、とりあえず共感するのは無理な映画だなー と


てご担じゃなかったとしても、どうしてもまともなミライに気持ちが行ってしまうのではないかしら

だからこそ、最終的にはミライの心に寄り添えたナオミを見て

よかった~

と、心底ホッとしてしまったのでした


これって、パンフレットに書かれた監督の言葉を読むと

まさにハンス監督の思惑通りの結果に、見ているこっちは導かれたってことだよね



祐也が演じたミライは最も難しい役どころで、その純粋さゆえにお客さんが彼を愛せるようにならなければ
いけないキャラクター。
祐也の出演作をいろいろ観ていて、彼は人に愛される能力があるんじゃないかと。
それに、音楽的な響きをもった彼の声質も、今回のキャラクターにぴったりだと思ったよ。



これが監督の言葉です

公開前に出た映画誌にもこれを短く抜粋したものはいくつか載っていたけど

こうして全文読むと、本当に嬉しい言葉だな~と思います


こんな風に選んでもらって、それをその通り演じられたてごりんが誇らしいね



そして、試写会の時点でもう一つ思ったのは

結局のところナオミとミライの恋愛ものなんじゃ? っていうこと


で、その時感じたのは 特に日本人にとっては

この映画はヒロインに共感するよりも、ヒロインを観察する方がわかりやすいんじゃないかな って

でも、初めて観る時は失った記憶の真実について観てるこっちもわからないから観察なんてできません

だからこそ、この映画は2回目以降に新しい感情が生まれてくる映画なんじゃないかな と

思いました

もしくは、原作を読んで流れをわかった上で見ると1回で済む人もいるかも?



そんなわけで、今日は ミライの気持ちで最初から見てみよう!と

過去現在のナオミを全部知っているのはミライなわけだから

そのミライの視点で見たら、絶対絶対切ない物語が見えてくるはず!だもんね


結果、めっちゃ切なかったっす

ミライくん健気すぎるよ

てごりんのちょっとした表情だけでも、ミライくんの心の動きがひしひし伝わってきます


そして、何より かっこいいし

イケてないミライのはずなのに、顔がかっこいいからどの表情も絵になりました

最後の階段のシーンなんて、お互いの気持ちが通じ合ったことで

心のつかえが取れたなんとも清々しい表情が本当に素敵すぎて

ハッピーエンドの王子様として 見ている人(てご担だけだったらごめんね)の心を

満タンにしてくれます

みんなも満タンになったはずです
今日は珍しく言い切れる




そういえばイヤーブックに書き込まれていてくれたらよかったのに、と先日言ったこと

わかってもらえましたか?

長谷川未来の予約済み  の書き込み

あれを印刷して1ページに入れておいてくれたら

てご担だけじゃなく、誰キスファンにとって完璧なイヤーブックになってた気がするんだけどな


劇中の小物といえば、ミライが何度かナオミのために作ってくれたCD

あれを、グッズとして発売してほしい

劇中で実際に流れた楽曲だけじゃなかったんじゃないかな、と思うしCDの中身は。

著作権の問題で発売できないとしても、このCDに入ってたのはこれらの曲

みたいに、CDごとに内容をHPにでもアップしてほしいです

そしたら、自分で集めて聞けるもんね






試写会の時はあんまりドキドキしなかったけど

今日は、またあのミライくんに会えると思ったら

朝からずっとドキドキでした

舞台挨拶だから、とかそういうことではなくて
挨拶のてごりんちょっと緊張してたよ

生のてごりんに会うよりも、お話の中のあのミライくんに会う方に

かなりドキドキした
何でだよ


ミライくんて、1回観ると また会いたくなるキャラクターです
てご担だから? 

観れば観るほど好きになるキャラクターです
てご担だから?  

てご担じゃないけどそう思うっていう方がいたら教えてください
嬉しくて舞い上がります


次はいつ行くかまだ決めてないけど

早く会いに行きたいです

まだ会いに行けてない人は早く会いに行けますように






 3/27に拍手付コメをくださった a○☆さんへ
  a○☆さん!!今回もとってもとっても嬉しい言葉の数々・・本当にありがとうございます!
  最初から読んでいただけたなんて(涙) そして、てご担、似るんですね~ハイ^-^嬉しいです♪
  私、アクセス数も足跡もチェックしていないので拍手の数だけが励みなんです。
  だからa○☆さんのたくさんの言葉本当に気持ちを上げさせていただきましたー ありがとうございました!
  これからも遊びに来てもらえるようにおしゃべり続けたいと思います^^ PS:お住まい、お隣の市ですね!











スポンサーサイト

テーマ : 手越祐也 ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  23:06  |  手越祐也くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。