2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.08.05 (Sun)

カップリングソロ E盤 ピングレも 

チャンカパーナカップリングのソロ曲


N盤(慶ちゃん)とS盤(てごりん)を書いてから


だいぶ間が空きましたけど


忘れてません



今回は E盤  シゲさん




いや、すごいねシゲさんは。


あのピンクとグレーを書いただけのことはあるね


ピンクとグレー、おもしろかったしなー


発売後、1~2ヶ月の間くらいでは読みました、たしか。



ピングレ、前半の仲良しグループの幼少期の出来事や思い出のシーンは


なぜか、あれを思わせました。


あれ、とは、国語のテストです。


私が小学生の頃、日能研(塾ね)で国語のテストを受けると


必ずどっかの誰かが書いたちょっとした現代小説が記載されてて


その中の何箇所かに線が引いてあって


たいていは


線Aのようにシゲアキが感じた理由を述べなさい


とか、


線Bは祐也と誰のことを指しているでしょうか


とかいった問題が書かれてたりしたものです。



そういうのに使われる題材の小説って、ほぼ8割くらいは読んだことがない小説で


いったいどこの誰が書いた小説なんだろ?って漠然と思ったりなんかしてたんだけど。


おそらくそれはほとんど本を読めてないこの小学生が無知なだけで


実際は、とっても有名な作家の有名な代表作の一部分だったりしたんだと思いますけどね。



で、そういう題材にされそうな文章とういか、シーンみたいだな~って


ピングレの幼少期の部分を読んでてそう思った。



最初の方はちょっと読んでてダレる数ページもあったんだけど
(あくまで素人の一個人の感想です)

真ん中以降は先が気になって気になってどんどん読み進めたくなる本でした



・・・あら、なぜかピングレの感想文になってしまった



E盤に話を戻します



まぁ、そんなすごい本を書ける人なので


歌詞がまー凝ってること


歌なので耳で聴くのも当然大事なんだけど


聴き終わった後に歌詞カードを見直したくなるようなのを作ったという


シゲさんの意図通りになってるかと思います。


目で何度も読んで脳裏にその世界観がしっかり広がる深さが


この詞にはありそう



ラップもやっぱりシゲはうまいなーと思った


本物のラッパー通に言わせたらどうなのかは知らないけど


素人の耳には充分に聴こえます。




NEWSのこれまでの曲でラップがあるとことか


Pさん、亮ちゃんの部分は全部シゲでもいいよ


ちょうどハマるよ、と思いながら聴いてしまう一曲です。




声がラップに向いてるよね


セリフ調なところも含めて。


これたぶんてごりんには歌えない、と思った


いやそりゃ歌うは歌えるだろうけど、てごりんじゃこの歌のよさが出ないかも



サビのメロディの感じも好きです



今までのロック調だったりジャジー調だったりのシゲさんのソロは


あんまり好きじゃなかったんだけど


今回のソロは好きなタイプでした~




スポンサーサイト

テーマ : NEWS ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  00:29  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。