2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.01.19 (Sun)

ドラマ三億円事件

さてさて、Mステのキラキラアイドル


てごちゃんとは打って変わり。



なかなかせつなく哀しい可哀想なコを演じた手越さんでしたね




三億円事件は犯人不明の未解決事件で


捜査状況や目撃情報を検証していった結果をこれまでもいろいろな見方で


たくさんのフィクションとして描かれてきていますよね



今回は、捜査線上に上がった


「警察関係者を家族に持つ自殺した少年」に


姉という存在を作って描いていました



私が見たことがあるものでは警察官の父との確執を持つ少年という描かれ方のものが記憶には強いかな




今回は少し年の離れた姉に思慕を持つ、いわゆるシスコンなコ



好きだったお父さんに見捨てられ、


まだまだ母親の愛がほしい小学生時代にその母親の関心は男の元へ。


自分を愛してくれない母を嫌い優しい姉の元へすがる11歳の健次



優しい姉に理想の母を重ねて、きっと健次は姉をお母さんのように想っていたんでしょうね



たぶん健次はあのかわいい笑顔でいつも姉のまわりにくっ付いていた素直でいい子だったんだろうね



だから、お姉ちゃんも健次がかわいくて仕方なかったはず




だけど、そんな姉もやっぱり健次の母ではなくひとりの女だった


彼女が自分のしあわせを求めたのは当たり前のことなんだけど、健次には許せなかったのかもしれない



だってまたお母さん(お姉ちゃん)を他の男に取られちゃったんだもんね


頭ではわかってても大好きだからこそ許せなかったのかもね


自分に姉の関心を集めるために姉を困らせることばかりする


姉を取った義兄への嫉妬から義兄を憎む



悪い仲間ではあるけれど心を許せば素直な気持ちを吐き出し


時には涙を見せることもできる愛に餓えた子供のような人



基本的には優しい性格だったからこそ


男女分け隔てなく、オカマの鮫ちゃんにも優しく接したから


鮫ちゃんも


ホテルで一緒だったなどと嘘をついてまでも健次を守ってあげようとした




姉を困らせるために悪事を働いても


義兄のおじに手を回されて警察には見逃される


そのいたちごっこのせいで悪行もどんどんエスカレートして


結果、三億円強奪に手を染めることになってしまった





健次が死ぬ前に佐武刑事(だっけ?)が訪ねてきて


あの刑事と姉のやり取りを部屋の中で聞いているときの


顔が「疾走」のシュウジに見えました



あの暗くて重たいものの中に埋まってもう抜け出せないみたいな陰のある目の表情がシュウジとダブって見えました




あの最後の戸田家での出来事を描いている空気感が「疾走」のように怖くて可哀想な重たいもので


せつないシーンではあるけど、手越くんの魅力のひとつでもある目の演技を


存分に見せてくれたので


あの一連のシーンはかなり見所でした



そして、それとは対照的に素直でかわいい健次を表現していたのが


北乃きいちゃん演じるユカとのシーン


ユカに自分の気持ちを伝えた時の健次の眼差しと表情は


初めて人を好きになった喜びに満ちた穏やかなものでした


大好きな姉への気持ちとは違う、恋愛の情。



あのユカへの気持ちをもっと深く大きく育てられたら


そして三億円強奪をおもしろ半分でやってみるなんて魔が刺さなかったら


お姉ちゃんが旦那さんとしあわせになろうとした気持ちを


健次も理解できたかもしれなかったのにね



な~んてところまで妄想しちゃうほどドラマに見入ってしまいました




今までの作品いろいろ見てきて思うんだけど、てごちゃんてセリフじゃない声出し(?)が特にうまいよね


疾走では、殴られたり嘔吐したり、みたいな声というか息?とか


しゃばけシリーズでは、うなされたり夢で叫んだり


ハッピーフィートでは、滑り落ちてるときの声とかいろいろ


そういうのの出し方がうまいな~と思う


今回は、青酸カリを飲んで苦しんでるときの。





杉本と強奪の準備をしてるときに発煙筒をたいてしまって


はしゃいでいるところは


なぜかマイボスのときの


桜なんとかとマッキーとの絡みにも見えました





レインコートに身を包んで雨の中佇んでいる風貌が


私的には一番陰があってかっこよく見えたな





これまで演技の仕事はあんまり多い方じゃないけど


その経験数の割に、毎回予想以上に成長した姿を見せてくれるのは


本当に嬉しいね


まぁ、てご担だから冷静な目で判断は出来ないわけなんですけどもね




ナレーションが中谷美紀さんだったのも


なんだか不思議なご縁を感じるね



中谷さん、ナレーション入れてるときは映像出来てたのかな?


もしそうなら、てごちゃん見てどう思ったかな




全国放送じゃなかったようなのでDVD発売して


レンタルでもいいので


たくさんの人に見てほしいな




歌のお仕事ももちろんなんだけど


演技のお仕事、たくさん見たいな


と、つくづく思う時間でした




手越祐也くん、お疲れ様でした!























スポンサーサイト

テーマ : 手越祐也 ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  18:50  |  手越祐也くん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。