2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.06.15 (Wed)

NEWS QUARTETTO in 東京ドーム とネタバレ禁止について 

NEWS 2016 LIVE TOUR QUARTETTO


行ってきました 東京ドーム



この先は完全に私個人の独断と偏見に満ちた独り言ですので


いろいろな意味で受け取り方にご注意いただけたらありがたいと思います


(つまりクレームしないでね、ってことっす(;´・ω・))








いつも遠征はできないので、東京は二日間入らせていただきました


記憶力が怪しいので毎度のごとくレポではなく ただの感想です



セトリはこちら



QUARTETTO   
ANTHEM
チャンカパーナ
希望 -YELL-
チュムチュム
KAGUYA
太陽のナミダ
HappyBirthday
チェリッシュ
星の王子様
LIS'N
Touch
NEWSKOOL
weeeek
Departure
愛言葉
Theme of QUARTETTO
四銃士
星をめざして
愛のエレジー
Encore
IZANAIZUKI
Wonder
シリウス
Newsニッポン
ライフ
サヤエンドウ
恋のABO
TEPPEN
NYARO
ヒカリノシズク
ONE(以下3曲アンコール)
さくらガール
恋祭り
weeeek(2日目のみダブルアンコール)



好みの度合いでいくと、全体的には2015の White の方が好きかな~


でも、今回の QUARTETTO もやっぱり好きなんだよね



どっちが好き?って聴かれたときの感じ方って  セトリでどの曲を聴けたか、が


瞬間的な好き度につながりやすい気がする



私は、アルバム収録曲でいくと


実は White よりも QUARTETTO の方が ちょっとだけ好きが上回る


だけど、2015 2016でそれぞれやったライブとして会場で瞬発的に感じた 好き度 は


White をやった2015の方が上でした



それはきっと、アルバム収録曲以外にどんな曲を組み合わせたか


それが自分の好みに合っていたかどうか、ただそこだけからくる好き嫌いのせいだと思ってます






シングルリリース曲って、正直聞き飽きている曲もあったりする


すごくわがままで贅沢なことではあるんだけれど。


と言いつつも、聴くときのこちらのバイオリズムだったりテンションだったりで印象はどんどん変化したりもしますが。




それでですね、 White のが好きかな~ と思ってたわりに、こう少し時間が経っていろいろ思い出していくと


なんだかんだいって QUARTETTO も好きだな~ って、思ったんですよね



それで、それぞれのどこが(あくまでも自分が)好きでどこがちょっと う~ん? と思ったんだろう?


と思って、書き出してみることにした。





<White>
   好きなとこ
・Mr.White の設定から引き続き、ウェブラックの脅威を叩き夢と希望で
  世界を白、そして七色に変えていくという構成がはっきりしていてわかりやすかった

・選曲が自分の好みに合っていた

・4人のわちゃわちゃ、いちゃいちゃが随所に出ていた

・聞き飽きていた曲(ぽこぽんぺこーりゃ)がアカペラから演奏付に変化するという演出のおかげで
  会場でもDVDでも毎回小さな感動を生んでいる

・SNOWEXPRESS が今の4人の物に生まれ変わった

・ドームなのにMCがくだらなくてかわいすぎておもしろすぎた(初回盤収録日)



   うーん?なとこ
・ONEのブレイクポイント

・曲と曲の合間に微妙な時間(秒単位だけど)が空くことがあった






<QUARTETTO>
    好きなとこ
・デニムの衣装がかわいかった オープニングの衣装も好き

・NEWSKOOLの振り付けがかわいかった。 間奏のテゴシゲダンスがテンション上がった

・Depature の演出が楽しかった

・愛言葉への導入がNEWSらしくてよかった。 テゴシゲの2ショットに癒された

・世界的指揮者の西本智実さんがイルミナートフィルハーモニーオーケストラの皆さんと共に
  出演してくださった。

・久しぶりに聴いたTEPPENが意外と(←)よかった

・最後の挨拶が、長すぎてダレるということがなくてすっきりしていた 気がする

・曲と曲の間に無駄な時間を感じなかった 怒涛に最後まで駆け抜けた

・ドームなのにMCがくだらなくてかわいすぎておもしろすぎた(2日目)

  


  うーん?なとこ
・過去のシングルリリース曲が多かった、多すぎた印象

・Whiteでのスノエクのように、かつての曲をハードル高く生まれ変わらせてお披露目といったものがなかった






こうして書くと、なぜかQUARTETTOの方が好きなとこが多い

なのに、Whiteのが好きだったと瞬間的に思ってしまった不思議感。



たぶんこれは、Whiteでのスノエク効果が高すぎたんだと思う 


BYAKUYA、SUPERSONIC、SNOWEXPRESS、Wintermoon


この流れが本当に素晴らしかったのでこの記憶が今は強いのかもしれない


しかも、WhiteDVD発売されたのがなんせ今回のツアー中だったから


Whiteの記憶を塗り替えるには近すぎたのかな





シングル曲をたくさんやれば、NEWSのライブに初めて来る人にも


耳なじみがあって楽しみやすいしあまり変化球を持ってこないようにしたのかな


でももし、そんな中に1曲だけでいいから昨年のスノエクのような存在を置いてくれたら


少し感じ方が違ったかもしれない、なんて欲張りなことを思いました




一方で、今回の生フルオーケストラとのコラボは本当に圧巻だったし


開演のブザーと共に幕が上がる瞬間は、1日目に初めて見たときはもちろん


2日目、すでにわかっているはずなのに1日目よりもさらに鳥肌がたったのはやっぱりすごかった



そして、オーケストラの生音は他のどの音の大きな楽曲よりも


音に重さがあってステージ全体から音の壁がぶつかってくるようでした


四銃士のあとの 星をめざして では、指揮者の西本さんを挟むように左右にテゴマスが立ち


そこをまっすーの左後方からカメラが抜く絵は


本当に胸が震える光景でした





て、考えると 今回の QUARTETTO も、いつか発売されるDVDを見直したら


White と同じくらい好きになる気がしています




White は テゴマスのまほう に似ている気がする


コンセプトがはっきりしているという点で。






ただ、どんなにNEWSの「らしさ」があっても、毎回同じ雰囲気のステージなんてつまらないし


NEWSの新しい面も毎年増やしつつ、


大人でスマートなかっこよさ、相変わらずの歌のうまさ、何よりおかしなかわいさ


それをどんどん重ねていってほしい、見せてほしいと思うので


今回の QUARTETTO でのたくさんの挑戦は必ず次のステップへ繋がったはず


そう思った2016年のライブでした






あ、ところで ネタバレ についていろいろ言われていますが


私は昔から、できればネタバレは回避したいタイプです


絶対イヤというわけではないのです、が、ひとつ知るともっともっと


とキリがなくなって全部見たくなってきちゃうんですよね


そんな自分がイヤなので、できるだけ回避するようにしています



でも、MCは知りたくなっちゃうからすごく困る


私は自分自身が、動画だったり目の前で動く映像として新曲でもライブでも


ぎりぎりまで我慢して見たり聴いたりする、という事自体が好きなので勝手に我慢しています




ただ、ネタバレって知っておくと見るべきポイントを見逃すのを防ぐこともできたりするので


悪いことばかりだとは思っていません






NEWSがネタバレしないでね、とお願いするのは


彼らにしてみればせっかくのサプライズのつもりのいろんな仕掛けを


あ~、これね、知ってる知ってる


な表情で受け取られるとちょっと寂しい


そんな気持ちで言ってるんじゃないかな、と思いました





ネタバレを見てもパフォーマンスする側に寂しい思いをこれっぽっちも感じさせないくらい


楽しめる人だってたくさんいると思う


だって、ネタバレってつい最近始まったことじゃないし(笑)



ただ、今はネタバレが広まっているかそうでないか、という自体さえもネットですぐ見えちゃいます


ということは、同じ世の中で生きている彼らの目にもそれが見えてしまうということも意味してるわけで。






賢明なNEWSファンの方達は、不用意に知りたくない人の目に留まることのないように


ネタバレを出すときは(ツイッターなら)鍵付の専用のアカウントを作ったり、


あらかじめネタバレであることを前置きして


読みたい人だけに向けて発信したりしています





ネタバレを見たいのにメンバーがネタバレ禁止、って言うから


そんな中、見るのは後ろめたい気持ちになっちゃう


そんな風に思わせるようなことどうして言うの?


と、メンバーに矛先を向ける気持ちになる人もいるかもしれない。




でも、ひょっとしたら彼らにそこまで言わせるようながっかりするような何かがいつかあったのかもしれない


と、これだけ伝達スピードの速いネット社会を考えると


いろいろ複雑に妄想してしまいます。






私も毎年ツアーの時期のその時の気分で見るか見ないか決めてるし




禁止されても見ようと思えば探して見られるわけだし、見ても楽しめる人は見ていいと思う


楽しみが減っちゃいそうだ、楽しめる自信がない、という人は見ないようにする


ただそれだけのことなんじゃないかな~    と思いました   






スポンサーサイト

テーマ : NEWS ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  22:00  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。